10月13日 ポン円ショート

GBPJPY: M15 [1] Ribbon de Kimaru – M15->D1: vvv^^, PIdx:16.0 (Full Power), GBP: Strong-Sold, JPY: Middle-Sold at 2018.10.12 17:59

の通知メールで、チェックしたいのは、次のことです。

ライム縦棒の始値で通知メールが来ました。
上昇トレンドがブレークしましたが、大きくブレークして、再度上昇を試すかもしれません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

9月28日ニュージー円ロング & 5分足通知メール

昨日は、テスト的に5分足でトレードしました。

NZDJPY: M5 [1] Ribbon de Kimaru – M5->H4: ^^^vv, PIdx:10.2 (Well Done), NZD: Middle-Sold, JPY: Middle-Bought at 2018.09.27 19:30

NZDJPY: M15 [1] Ribbon de Kimaru – M15->D1: ^^^v^, PIdx:15.3 (Well Done), NZD: Middle-Sold, JPY: Middle-Bought at 2018.09.27 20:15

ちょうど、15分足でも45分違いで出ましたので同じブレークです。
15分足で戻り61.8%が届かない場合などに5分足ブレークのほうが見つけやすい時もあります。

エントリー方法は同様ですが、

1.トレンドラインを引きブレークをしたときであるか、

2.キマルブレークがあった方が良い、

3.リボンがパーフェクトオーダーになった後のブレーク、戻りの確認、

4.ブレーク方向への上位足(H1等)での余力の確認、

で行います。

希望者には5分足通知メール(メイン通貨のみ)を配信しますので、ご連絡ください。

9月27日 ユーロ円での通知メール どのタイミングが一番良いか

チャートのライム縦棒のように3本通知メールが来ましたが、1本目、2本目は達成しますが、3本目は逆行しています。

これはエリオット波動の5波終了後、調整波のA波、B波、C波に変わって相場が反転しています。

黄色楕円で囲んだように、黄色リボンのバブルが3つ発生していますので、このトレンドは終わりと考えるのが妥当です。

なお、エリオット5波は、3波を超えないこともありますので、最初のブレークが一番良いことがわかります。

 

サーバーサイドでの通知メールのバージョンアップ

9月20日17時30より、サーバーサイドでの通知メールのバージョンアップを行いました。

通知メールタイミング:以前のものより、1足(15分)前に通知するようにしました。
初回ブレークのピークインデックスが(PIDX)が小さいとき、大きくなるまで3足待ちましたが、今回から1足しか待たないことにしました。

その結果最大4足分、手前で通知が来ることになります。
通常、1足手前、または2足手前で来るようになります。

エントリーは必ずプライスアクションを見極めて、エリオット第2波の終わりでエントリーするか、エリオット第5波の後の調整波A, B波が終わった後のC波に乗るようにしてください。

ロンドン時間開始後のストップ刈り対策について

ロンドンタイム開始後の 15:00 – 19:00によく起こる相場の反転時に、ストップ刈りを行って上がったり下がったりするパターンが良くあります。

この時間のトレードを避けるのもいいですが、ブレークから戻り狙いで入ると、ストップ刈りに合うので、あえてタイミングをずらすと、うまくいくことがあります。

通常ですと、ギリギリストップ刈りに合う感じです。

反転から、上昇途中で入る方法をお教えします。

15分では入るタイミングが難しいので、サインが来てから、上昇のタイミングを待つために、5分足チャートに変更します。

再度黄色いリボンを抜けたタイミング(○で囲んだ部分)で入るのも良いですし、再度フィボナッチを引い直して戻り61.8%付近で入るのも良いです。

サインが有効かどうかの一つの指針

ライムのリボンを超えて、通知メールが来た場合、そのブレークが本当に大きなブレークになるかどうかを見極める一つの判断方法を示します。

キマルインジケータにトレンドラインを引いて、そこがブレークしたかどうかが、通知メールの方向での大きな力の原動力になることが多いです。

9月4日オージーニュージー ショートブレーク

オージーニュージーがショートブレークしました。
トレンドラインをどう引くのか、如何にブレークしたと見るのか説明します。
少なくとも3点のヒゲあたりを結び(上昇トレンドならローソク下、下降トレンドならローソク上)、明確にそのラインから逸脱したものをブレークとします。

そしてそこから戻り始めたところを100%フィボナッチとし、直近高値を0%として、61.8%を指値として、TP1(161.8%)を狙います。

フィボナッチの引き方

8月31日護国寺勉強会の際にフィボナッチを引くのが難しいと、会員さんから質問がありました。

インジケータのZIGZAGを3-2-1のパラメータで表示すると、直近高値、ブレークがわかりやすくなるかもしれませんので、お試しください。