ロンドン時間開始後のストップ刈り対策について

ロンドンタイム開始後の 15:00 – 19:00によく起こる相場の反転時に、ストップ刈りを行って上がったり下がったりするパターンが良くあります。

この時間のトレードを避けるのもいいですが、ブレークから戻り狙いで入ると、ストップ刈りに合うので、あえてタイミングをずらすと、うまくいくことがあります。

通常ですと、ギリギリストップ刈りに合う感じです。

反転から、上昇途中で入る方法をお教えします。

15分では入るタイミングが難しいので、サインが来てから、上昇のタイミングを待つために、5分足チャートに変更します。

再度黄色いリボンを抜けたタイミング(○で囲んだ部分)で入るのも良いですし、再度フィボナッチを引い直して戻り61.8%付近で入るのも良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です